薬剤師の就職・転職の実態|薬剤師の求人状況

薬剤師の就活事情について解説したサイトです

 

 

はじめに


今薬剤師はとても人気がある職業です。しかし、薬剤師になるためには大学で6年間薬学を学んだ後国家試験を受けてその試験に合格する必要があります。国家試験に合格した後ははれて薬剤師として全国で勤務することができます。 薬剤師の求人は全国にあるためどこに住んでいても働くことができることで有名です。また女性でも給料が高いため家族を養うことができますが、求人についてはしっかりと知っておくことが大切になります。

薬剤師の求人の状況は、以前は働ける環境は決まっており、薬局や病院での勤務が多かったのですが、最近は法律が改正されたことにより第一種の医薬品を扱う場合には薬剤師がいる事が決められたので ドラッグストアでの需要も高まり働くことができる環境が増えてきている状況です。
昔からある求人の一つに病院での勤務があり、薬についての調剤以外にも治療に使う注射なども調剤する必要があり、薬局などで働くときとは違う知識を必要とします。

一番多く求人がある所は薬局で、このお仕事は病院などで診療を受けて薬による治療が必要だと判断されて処方箋が出された人へ薬を渡すというのが業務になり、 病院以外でも薬を渡すことができるので順番待ちをすることも少なくすることができますので薬を処方される患者にとっても大切な業務になります。

最近需要が高まっている所の一つにドラッグストアでの勤務があり、この業務は一般に販売されている薬についての説明を行ったり注意するポイントを説明するというのがお仕事になります。 最近ではどんどんドラッグストアが増えてきているので、近くに薬局や病院などがない地域で、長距離の通勤を避けたいという方の場合には選択肢になりますし、 勤務する時間なども融通が利く場合があるので短時間だけ働きたいという方や、週末は休みたいという方の場合には働きやすい環境になります。

また、http://www.greenpassage.orgといったサイトでも解説されているように、糖尿病を専門的に扱う糖尿病薬物療法准認定薬剤師などを目指してみるなど、 専門薬剤師、認定薬剤師を目指す方も増えてきています。

薬剤師として働く場合に求人の探し方は様々あり、転職を支援するサイトなどがありこういった所では、子育てなどで外出が難しい方にも外へ出る必要もないので行いやすく、 求人を出している所を簡単に見つけることもできるので就職先の選択肢が広がります。他にはハローワークや薬局などが店舗で勤務時間や給料などを書いてあるチラシなどで募集している所もあるので、 そういった方法で勤務する所を探すのも有効な方法です。

求人情報の状況というのは変わっていくものなので転職や就職先を探している方の場合にはしっかりと情報を集めてどういった所で働くことが良いのかを決める事が大切になります。